ニュース

2017年08月25日

BISHAMON Personal v1.8 Tool

  • バージョン
  • ダウンロード 918
  • ファイルサイズ 9.07 MB
  • ファイル数 1
  • 投稿日 2017年08月25日
  • 最終更新日時 2017-11-28

BISHAMON Personal v1.8 Tool

BISHAMON Personal v1.8 Tool p8 バージョンです。

 

■ 変更履歴

・背景モデルのデータ(FBX)に設定されているアニメーションのフレームレートを再生時に反映する仕様に変更。

・DockPanelのフローティングウィンドウの初期位置をCenterScreenに変更。

・HiDPIによる自動スケーリングをデフォルトでオフに変更。

・ワイヤーフレームが表示されない不具合を修正。

・エクスポート時に、非表示のエミッタと非有効のフィールド、及びそれらに関連するリソースを除外してコピーするオプションを追加。

・起動している間は前回のエクスポートパスを記憶しておくよう修正。

・テクスチャが指定されていない場合にパターン編集をしようとすると、例外が発生して落ちる問題を修正。

・ユーザーデータのインポート・エクスポート時にエラーが出るとToolが落ちる問題を修正。

・拡縮で親ノードの影響「受けない」の時、生成形状の表示がプレビューのスケールに対応していなかった問題を修正。

・スケマティックビューのツールバー上でコンテキストメニューが出ない様に変更。

・スケマティックビューのコンテキストメニューで右クリックでは決定出来ない様に変更。

・(Personal版)パスワード入力テキストボックスに文字が見えるボタン追加。

・連続使用しているとエフェクトが表示されなくなることがある現象の改善。

・背景モデルに日本語パスが含まれているとテクスチャが反映されない問題を修正。(開発中バージョンでの修正のバックポート)

・背景モデルで多重にテクスチャリソースを作成していたためGPUメモリが足りなくなる問題を修正。

・再生がループする毎に参照ノードを多重に読み込んでいた不具合を修正。

・(Personal版)体験版をオンライン認証に変更。

・(Personal版)インストール時にインスト―ル対象を「すべてのユーザー」か「このユーザーのみ」かを選択出来るようにした。

・モデルエミッタでテクスチャーが設定されていないモデルにToolでテクスチャを設定したとき表示がおかしくなる不具合を修正。

・モデルエミッタを含むエフェクトで全体Zソートが有効のとき、データベースをリフレッシュするとToolが異常終了する不具合を修正。

 


一覧へ戻る

関連する記事